絶景

【雄川の滝】エメラルドグリーンの滝つぼが美しい!日本最南端の絶景滝を見に行く(鹿児島)

旅人の最終目的地ともされる佐多岬。

佐多岬のある鹿児島県南大隅町に近年話題になっている新観光スポットがあります。エメラルドグリーンに輝く『雄川の滝』が美しすぎると観光客が急増しています。

日本最南端の町とのことで行くことも容易ではないうえ、アクセスのしにくさから以前は秘境の地としてあまり知られることがありませんでした。しかし、その美しさから徐々に知られるようになり、大河ドラマの撮影の地として使われたことから一気にブレイクし、全国から観光客が来るようになりました。

近年、観光客が急増したことから遊歩道や展望台などの整備が行われ、今では人気の観光地と化しています。

日本の滝百選にも選ばれていないこともあり私も知りませんでしたが、鹿児島に訪れたので寄ってみることにしました。

雄川の滝には2つ展望台があります。
『雄川の滝上流展望所』にナビすると滝つぼは見えません。


スポンサーリンク



1200mの遊歩道を歩いて雄川の滝へ

雄川の滝には専用の駐車場も完備されておりますが、駐車場から滝まで1,200m歩いて行かなければなりません。

遊歩道が整備されているで歩きやすいですが、多少の勾配のある道のりです。

以前までは遊歩道の整備もされておらず、滝までは険しい道でしたが快適に行けるようになりました。遊歩道のまわりは森林に囲まれ、川のせせらぎが聞こえ癒されます。

歩道から見上げると見える橋は「瀧見大橋」です。

遊歩道から眺める雄川もエメラルドグリーンに輝いてとても美しい!
雄川の滝への期待度も膨れ上がります。

展望台に到着。

展望台も新しく作られ快適に雄川の滝を眺められるようになりました。展望台は1階と2階にあり、混雑感は感じなかったです。

どちらも滝の見え方もそんなに変わらないように感じました。

展望台からの雄川の滝の眺め。

滝は幅60m、落差46mの大きな滝です。岩肌から流れ込む姿も美しい。

展望台が整備される前は水辺まで行くことができたそうですが現在はここからしか見れなくなりました。遠くから見ても美しさは十分伝わりました。

私が行ったときは水量が少なめでしたが、滝の上部には水力発電所があり、放流されるとダイナミックな滝に見えます。水量が少ない方が綺麗なエメラルドグリーンに滝つぼになります。

いつでもエメラルドグリーンに見えません。雨が降った後などは水が濁って綺麗に見えない時もあります。

  • 数日間雨が降っていない
  • 行く当日は晴れ
  • ダムの放流がされない日

暗くなると太陽に水面が反射しなく綺麗に見えないので日中帯に行くようにしましょう。
ダムの放流があると迫力ある滝になります。

雄川の滝 基本情報

所在地
鹿児島県南大隅町根占川北
駐車場
無料
入場
無料
解放時間
8:00~日没(夜間は立ち入りできません)
備考
天候などによっては遊歩道の立ち入りが規制される場合があります。

いつでも見える景色ではありませんが、天候にも恵まれて美しい雄川の滝を見ることができました。なんといっても日本最南端の町行くことは容易でない方が多いと思いますが、行く機会があったら行ってみてください。その際は天気予報のチェックは忘れずに!


スポンサーリンク



ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。