介護の仕事

介護施設の夜勤8時間と16時間どちらがいいのか

介護職で働くと夜勤もしなければなりません。介護施設の夜勤は8時間夜勤と16時間夜勤にわかれます。
16時間夜勤体制をとっている介護施設が多いですが、最近は8時間夜勤を取り入れている介護施設も増えています。ではどちらがいいのでしょう?
 
介護施設で働く際、夜勤の働き方を事前に確認しておかないとライフスタイルが大きく変わってしまいます。
 

スポンサーリンク



8時間夜勤と16時間夜勤の違い

 
8時間夜勤
16時間夜勤
勤務時間
22:00~7:00
16:00~10:00
一夜勤の出勤回数
1日分
2日分
月の夜勤回数
8日~10日
4回~6回
仕事内容
巡回や排泄介助がメイン
夕食~朝食まで多岐にわたる
※介護施設によって異なる
 
大きな違いは労働時間と仕事内容です。
16時間夜勤は労働時間が長いので仕事内容も多岐にわたります。その分一夜勤で2日分働いたことになるので月の夜勤の回数と出勤回数も少なくなります。ただし、16時間夜勤は長時間労働+睡魔との闘いになるので身体的負担は大きくなります。
 

夜勤の仕事内容の比較

22時~7時まではどちらも同じ流れになります。

8時間夜勤は就寝後の出勤になり、朝食前に退勤になるので主な仕事は排泄介助と巡視です。

それに比べて16時間夜勤は、夕食前に出勤して朝食後に退勤となるので仕事量が増えてしまいます。介護施設は食事前後と起床介助、就寝介助が忙しくなるので16時間夜勤はすべて行わなければなりせん。

8時間夜勤は、食事介助もなく、一部の起床介助でいいので業務内容は少ないです。

8時間夜勤のメリットとデメリット

メリット デメリット
  • 業務内容が少ない
  • 体力的負担が少ない
  • 明けではない
  • シフトが変則的にすぎる
体の負担が少ないので8時間夜勤を好む人もいますが、明けがないのでシフトが変則的になりやすいデメリットもあります。

メリット

業務内容が少ない
出勤する頃には就寝しているので、主な仕事内容は巡回と排泄介助、ナースコールの対応です。
 
体力的負担が少ない
8時間勤務で業務内容も少ないので体力的負担は少ないので無理なく働くことができます。

デメリット

明けではない
8時間夜勤は1日の勤務なので夜勤明けではありません。退勤した日が休日になります。朝7時まで働いてたのにも関わらず、その日が休日扱いになります。
次の日のシフトが早番になる可能性も普通にあるので休日感がなくなることも。
 
シフトが変則的すぎる
介護職の月の出勤日数20日~22日ほど。早番・遅番・夜勤のシフトが組まれます。シフトが変則的すぎて生活リズムも乱れてしまいます。

16時間夜勤のメリットとデメリット

 
メリット デメリット
  • 明けを活用して休日の時間を長くとれる
  • 通勤回数が少なくなる
  • 業務内容が多い
  • 長時間労働で身体的につらい

16時間夜勤は長時間労働で業務内容は多くなってしまいますが、明けを活用して自分の時間を作ることができます。長く働いた分受けられる恩恵も大いにあるのが特徴です。

メリット

明けを活用して休日の時間が長くとれる
16時間夜勤の場合は明けがあります。明けは出勤扱いになります。たいていの場合、明けの次の日が休日のなるので明けの時間を活用すれば8時間夜勤の休日より長く自分の時間を確保することができます。
 
通勤回数がが少なくなる
1回の出勤で2日勤務扱いとなります。月の出勤回数は20日~22日なので、夜勤を多く入れればその分、通勤する回数も減るので効率的とも言えます。

デメリット

業務内容が多い
長時間労働になるので業務内容も多くなってしまいます。
8時間夜勤に比べると、夕食・就寝介助/起床介助・朝食まで業務に含まれます。
 
長時間労働で身体的に辛い
長時間労働なうえ、介護業務が多いので一夜勤の身体的負担は大きくなります。
起床介助から朝食介助中は眠気がピークになるので本当に辛いです。

結局どちらがいいのか?

人によって考え方は変わりますが、私は16時間夜勤がいいと思っております。
どちらも経験したことがありますが、16時間夜勤の施設の方が、自分の時間が作りやすいからです。
夜勤明けから次の出勤まで時間があるので生活リズムを戻しやすくなりますし、連勤も多くなりません。
なにより、夜勤の次の日は休日なので「頑張れば休み」と高いモチベーションで働くこともできるからです。
16時間働ける体力があるなら16時間夜勤をおすすめします。
 

スポンサーリンク



 
ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。