介護の仕事

介護の夜勤専従という働き方。仕事内容とメリットとデメリットとは?

介護の求人で夜勤専従の募集があるけどどうなんだろう?給料も良さそうだし、昼間の時間も有効活用できそうだな。
でも、夜勤の介護ってきついイメージもある。。。
 
思っている通り、夜勤専従は普通の介護職より稼げます。プライベートの時間も作りやすいので効率よく稼げることから介護職のなかでも人気な働き方です。
 
もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。
夜勤専従の働き方の特徴を理解してから働きましょう。
 
介護施設の夜勤は8時間夜勤と16時間夜勤がありますが、多くの施設が16時間夜勤の体制を取っているので16時間夜勤について記事にします。

夜勤専従の働き方とは?

介護施設は16時間体制で利用者の生活を支えています。一般的な介護職は早番・日勤・遅番・夜勤とシフトを組み合わせています。
夜勤専従はその通り夜勤帯の時間のみに出勤する働き方です。
 
勤務時間は施設によって若干異なりますが、16:00~10:00(休憩2時間)
 
 
介護の夜勤は「1回の出勤で2日分の出勤した扱い」となります。
夜勤入り・明けと呼ばれています。明けの次の日は休日になります。
夜勤専従の出勤回数は月に8回~10回程度。月に2/3は出勤しなくてよくなります。明けの日は休日と錯覚してしまうので得した気分になります。

夜勤専従の給料事情

介護の夜勤専従が稼げると言われているのが夜勤手当があるからです。
施設によって異なりますが3,000円~8,000円の夜勤手当がつきます。または、1回あたりの夜勤の日給が決まっている施設もあります。
求人を探す際は、時給や日給だけでなく、夜勤手当がいくらなのか確認するようにしましょう。
 
私が派遣で夜勤専従をしていた時は一夜勤32,000円でした。(都内)
 
求人で「一夜勤日給2万円」など大きく書いてある求人をよく見ますが、労働時間を確認しておきましょう。
首都圏の求人なら16時間夜勤で一夜勤30,000円近く貰えます。

夜勤の仕事内容

施設によって時間は異なりますが、介護施設の夜勤はこのような流れです。
夕食前から翌日の朝食後まで長時間労働です。深夜帯に仮眠の時間があります。

この他にも夜間の記録やフロアの掃除などの雑務も行います。

介護の夜勤にはキーマンになる利用者がいます。その人が寝るか寝ないかで夜勤の仕事内容が大きく左右されます。寝ないと一晩中ナースコールが鳴りやまず、転倒リスクが高い利用者なら付きっきりの状態もあります。

夜勤専従のメリット

  • 少ない出勤で効率よく稼げる
  • プライベートな時間が作りやすい
  • 煩わしい人間関係が少ない
  • 副業としてもできる

このようなメリットのために夜勤専従をしている人が多いです。詳しく解説します。

少ない出勤で効率よく稼げる

夜勤の働き方でも述べましたが、1回の出勤で2日働いたことになるので出勤回数が少なくなります。そのうえ夜勤手当がつくことで収入が高くなり高収入を狙えます。
夜勤専従で働こうと考える人夜勤手当がどのくらいつくのか確認してから仕事を選ぶようにしましょう。

プライベートの時間が作りやすい

月の出勤が10回程度なのでの2/3は出勤しなくてよくなります。夜勤明けから次の夜勤入りまでの時間も長いことから趣味や学業、資格取得などプライベートな時間に充てることができます。

煩わしい人間関係が少ない

介護の夜勤は少ない人数で業務を行っています。人間関係が少なく、自分のペースで仕事をすることができます。夜勤帯は家族の面会や電話対応などもほとんどないので煩わしい人間関係から解放されます。

副業としてもできる

「月に数回の出勤でOK」「Wワーク可能」等の求人が多いので副業としている人もいます。
1回に2万円~3万円貰えるので月に2,3回出ただけでも副業としては十分です。

夜勤専従のデメリット

  • 正社員以外の募集が多い
  • 身体的・精神的につらい
  • 健康面の配慮が必要
  • 少ない職員で多くの利用者を担当しなければならない
  • 介護スキルが求められる
介護の夜勤はきついと思われている理由が以上のことでもあります。やはり夜勤なので体にかかる負担が大きくなってしまうのも確かです。デメリットについても詳しく解説します。

正社員以外の募集が多い

夜勤専従の募集は派遣やパートなどの非常勤の求人が多いです。正社員で夜勤専従を募集しているところはあまり見かけません。正社員の雇用ではないので働き方に不安を持つ方もいます。

身体的・精神的につらい

1回の出勤で16時間働かなければならないので身体的負担が大きくなります。利用者が寝ている時間も巡視や排泄介助など業務がありますので体力が必要になります。
夜間に体調が急変や転倒のリスクなど考えながら業務をしなければならないので夜勤帯は常に気を張ってるため精神的負担も大きくなります。

健康面の配慮が必要

16時間、夜から朝にかけての勤務になるので生活リズムが乱れます。休日や夜勤の入りと明けの過ごし方など常に考えなければなりません。特に睡眠の取り方は夜勤をする人には課題になります。

少ない職員で多くの利用者を担当しなければならない

夜勤の介護は少ない人数でたくさんの利用者を見なければなりません。施設の規模にもよりますが、1人で20人くらいの利用者を担当しなければなりません。休憩を回す関係でさらに多くの利用者を見なければならない時間もあります。

介護スキルが求められる

夜勤専従の募集で、施設経験1年以上などの経験者を募集しているところが多いです。夜勤帯は介護職員も少ないので一人一人の役割や責任が大きくなります。転倒や急変時の対応など臨機応変な動きができるかが重要となります。

夜勤専従に向いている人

  • 効率よく稼ぎたい方
  • 日中の時間を有効的に活用したい
  • 自分のペースで仕事がしたい
  • 健康面で問題がなくタフな人
  • 夜型人間
夜勤専従は給料が高く、出勤回数が少ないので日中の時間を有効的に使うことができます。ある程度給料が貰えて、自分の時間が欲しい人にはおすすめの働き方です。
学生や副業で夜勤専従をやっている人もいます。

まとめ

夜勤専従のメリットとデメリットを紹介しましたが、介護の夜勤専従は稼げます。
少ない出勤日数で月給30万円も目指せますが、夜勤専従は高収入な分さまざまなリスクもあることを理解しておきましょう。
 
夜勤専従は始めたばかりだと、仕事を覚えるのと生活リズムが整うまで大変かもしれませんが、慣れれば理想のライフスタイルが実現することができます。
 
介護で効率よく稼ぎたいと考える人は夜勤専従という働き方も考えてみてください。
 
夜勤専従で働くなら派遣で働くことがおすすめです。
 

スポンサーリンク



ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。