介護 社会問題

介護士が職員と人間関係で悩む内容とその解決法

介護職に関わらず、仕事をするうえで人間関係は切り離せないものです。離職率が高いと知られる介護職ですが、退職する理由の第一位が人間関係によるものでした。
人間関係と言っても、具体的にどのようなことなのでしょうか?
介護職は仕事内容が介護職は職員や利用者とその家族などさまざまな人と関わります。関わる相手によって悩む内容は変わりますが、今回は職員と悩みについて記事にします。
 
スポンサーリンク

介護士が人間関係で悩む内容

人には、相性があるので合わない人は存在します。合わない人でも仕事上ではお互いにうまくやらなければなりません。これは介護職に限った話ではありません。
 
しかし、介護職は閉鎖された空間で同じ職員と関わる機会が多いので人間関係の悩みに発展しやすい環境なのです。

介護の考え方が合わない

介護士によって考え方や価値観も変わります。それらが違えば、介護の仕方も変わってきます。本来なら介護施設の理念に沿った介護を行うべきとされています。
 
しかし現実は介護士個人が持つ考えや信念に沿って介護をしています。
「利用者一人一人に寄り添った介護をしたい」と考える人もいれば、「効率よく仕事をしたい」と考える人もいます。
同じ介護と言っても考え方が違えば、足並みはそろいません。
考え方が合わなければ次第に相手への不信感を抱き、衝突することにつながってしまうこともあります。

看護師との衝突

介護施設では介護士以外に看護師やリハビリの人などの専門職もいます。
生活面は介護士、医療面は看護師と分担されていますが、仕事内容が違えば考え方も変わります。
立場的には看護師の方が上ですが、介護士の方が人数は多いです。そして、どちらも女性が多いので介護士と看護師が衝突する場面は多くあります。

高圧的な態度をとられた

介護職は、気が強い職員がいます。言い方がきつかったり、高圧的な態度をとる人もいます。その人はそのつもりでなくても言われた相手を高圧的と感じてしまいます。
新人に対してきつく言ったり、ミスを必要以上に責める職員もいます。

陰口を言われた

介護施設では、その場にいない職員の陰口が飛び交っています。「仕事が遅い」「連休ばっかり取る」「残業しない」「仕事のミスが多い」など聞かない日はありません。そして、その陰口に乗っかってしまう職員。
 
これだけ言われているのを聞くと、自分がいない時にも陰口を言われているんだろうなと感じてしまいます。
職場の雰囲気も悪くなってしまいますね。

動かない職員がいる

わざとなのかは知りませんが、極端に仕事が遅い人や大変な人の介助には入らず、簡単な人の介助だけ入る職員がいます。
忙しい介護の現場で動かない人は目立ちますし、イライラします。
「フロアの見守りしてるね」と利用者とお話しするだけの職員。
 
動かない職員は、ベテラン介護士やフロアリーダーなどの中堅社員に多く見られます。

派閥やグループがある

女性が多い職場になると派閥やグループができやすい傾向があります。
派閥にはリーダー的な人が存在します。主任やフロアリーダーなど肩書がある人に集まる傾向があるようです。考え方が同じであったり、共通する嫌な職員がいることにより派閥ができてしまいます。
派閥ができてしまうと、派閥に関わりのない職員も巻き込まれたり、気を使ったりと精神的に疲れてしまいます。

人間関係が悪くなってしまう背景

なぜ介護職は人間関係が悪くなりやすいのでしょう?
 
一番の原因は、介護職が激務で人手不足であることが背景にあります。自分自身に余裕なくなったことで、理性を失い、職員や利用者に当たってしまうのです。
そして介護職は、休日もバラバラで友人と予定が合わなかったり、連休が取るのが難しく、リフレッシュができずにストレスをため込みやすいのも原因です。

人間関係の解決法

身体的にも大変な介護職で人間関係でも悩んでしまったら余計に疲れるだけです。肉体的にも精神的にも疲れてしまったら体に良くないですからね。
我慢するだけでなく解決方法も考えましょう。

状況を整理する

ただ、悩んでいても解決策はみえてきません。
まずは自分に置かれている状況を冷静に整理してみましょう。
その悩みはいつからだったか。思い当たる原因はないか考えてみましょう。
解決策が見えてくかもしれません。

自分自身を見つめなおす

自分に思い当たることがないか考えてみてください。
知らない間に自分の行動で相手を不快にさせているかもしれません。
人間関係に悩みのある職員のこと想像しながら自分の行動を当てはめてください。

適度な距離と取る

介護は情報共有や他職員との連携は不可欠です。業務範囲のコミュニケーションは取るようにしましょう。介護施設ではそれも難しいかもしれませんが、適度な距離を保つように心がけましょう。

共感している素振りをして聞き流す

派閥同士の陰口に巻き込まれることもあります。
一緒になって参加してしまったらあなたも派閥の一員になってしまうので、余計なことは言わず、聞き流してください。

上司や管理者に相談する

相手の発言に耐え切れなくなったら上司や管理者に相談しましょう。シフトが被らないようにしてくれたり、フロア移動など対策を取ってくれるかもしれません。

職場を変える

これは最終手段になります。
介護職は再就職しやすいので転職して人間関係をリセットして働き始めることも可能です。

職場環境によって人間関係が良い職場か変わりますので見極めをしっかりしてください。

自分自身の行動も見つめなおしましょう

人間関係に問題が起こるのは相手のせいだけにしてませんか?
あなたが気づいてないだけで、自分自身に問題があるかもしれません。
 
  • 職場であいさつやコミュニケーションと自分から取っていますか?
  • 利用者に適切な介護をしていますか?
  • 協力的な態度で仕事をしていますか?
  • 自分の仕事を漏れなく行えていますか?
  • 相手からの注意や指摘を聞き入れていますか?
自分の行動を見つめなおすことで人間関係に悩む必要はなくなるかもしれません。ちょっとしたことの積み重ねで人間関係は悪化してしまいます。
相手の立場になって考えてることも大切です。
 

スポンサーリンク



 
ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。