派遣介護士

派遣介護士が新しい職場にどのくらいで慣れることができるか

派遣介護士が新しい職場に慣れる期間は個人や施設の規模にもよりますが、1~2ヶ月はかかります。介護の経験があっても職場が変わったら覚えることがたくさんあるからです。
 
介護職は利用者や職員など人と関わる仕事なので慣れるまでにはある程度時間がかかってしまいます。
 
職場を変えて1週間程度で馴染めないなど思い込んで辞めること考えるのは時期早々です。
 
  • STEP1
    先輩社員に付いて業務を覚える
    1~2週間一緒に業務を行い仕事を教えてもらう
  • STEP2
    独り立ちして一人で業務を行う
    一人でやってみてわからないことも出てくると思うが一人で1ヶ月くらい業務をすれば慣れてくる。
  • STEP3
    一人で業務をある程度すれば気持ちに余裕が出てくる
    仕事の流れや利用者の特徴もわかる
 

スポンサーリンク



慣れたと思える瞬間

ある程度シフトに入っていると慣れたと思える瞬間が出てきます。わたしの経験だと1ヶ月半くらいでその瞬間が訪れることが多いです。
それより前に業務内容などは覚えますが、介護職は人を相手にする仕事なので人を理解するのは時間がかかります。
 
  • 利用者に慣れる
  • 職場の雰囲気に慣れる
この2つがわかってくると慣れたと実感します。

利用者に慣れる

利用者に慣れることが働くうえで一番のポイントになります。
介護施設にはさまざまな理由で入居した利用者が暮らしています。
利用者の性格や、身体機能、認知症や疾病などの基本情報を理解する必要があります。
基本情報を理解したうえで介護業務を行います。
 
最初はおそるおそる関わりながら介助を行うと思います。中には急に怒り出す人もいるので慣れない状態での介護業務は不安やストレスになります。実際に、利用者と合わずに悩んでいる介護士も少なくありません。
介護拒否があった時の対処法なども最初はわかりません。
 
それがある程度関わってくると、利用者の性格を理解出来たり、理不尽に怒られることにも慣れてきます。そうなると気持ち的にも楽になり働きやすくなってきます。
1ヶ月くらい経てば、利用者の生活リズムや様子もわかってきますので「いつもと様子が違う」など変化にも気付けるようになります。
 

職場の雰囲気に慣れる

 
職場の雰囲気になれるうえで一番のポイントになるのが一緒に働く職員に慣れることです。
介護職は、高校卒業したばかりの10代から70代くらいまでの幅広い世代が働いています。
そして、さまざまなタイプの職員がいます。介護業界は誰でも就職しやすい業界なのである意味やばい人もいます。
その中で働くことになるのですが、気の合う人や友達に慣れそうな人が居ればラッキーと思ってください。
派遣に厳しい社員もいるところもあります。
 
シフト表を見て「〇〇さん一緒だ。嫌だな。」なんてこともあります。
 
職場の雰囲気に慣れるには、まずは仕事を覚えて一人でシフトに入れるようになることです。一生懸命業務を覚えようとすれば、自然と職員にわからないことを質問したりコミュニケーションをとります。
 
職場の同僚からもあなたのことを「仕事はできるか。どんな人なのか。」など見られていますし、気になっています。職員間で「こんな人だったよ。」など情報が広がっていると思います。
 
1ヶ月ほど働けばお互いに「どんな人なのか。どのくらい仕事ができるのか」等わかってくるので、あなたに対する接し方も変わって行くと思います。
 

派遣介護士の業務内容

  • 起床介助
  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 就寝介助
  • 掃除や片づけなどの雑務
  •  
派遣介護士は、早番 日勤 遅番 夜勤のシフトに入って上記の介護業務がメインになります。正社員になると委員会や居室担当など事務的な業務のあります。
 
これらの介護業務は施設によってルールや考え方は変わりますが、介護技術的にはどこでも一緒です。利用者の身体状態などを理解すれば数日で慣れることができます。
 

慣れる期間は施設の規模によって変わる

介護施設は9人のグループホームなどの小規模な施設から100人を超える特養など大規模な施設などあります。
施設の大きさに比例して慣れる期間は変わって行きます。
 
実際に介護施設で働くと担当するフロアに配属され、そこにいる利用者や職員と関わることが多くなります。派遣の場合だと1フロアの業務内容を覚えて働くことが多いと思います。
 
1フロアの人数が多ければ、関わる利用者や職員も増えるので覚えることも自然と増えます。
 
じゃあ規模の小さい施設の方が楽と思うかもしれませんがそれも一概ではありません。
 
1フロアの人数が多ければ職員も複数配置されるので他の職員のフォローをうけることができます。規模が小さいと1人で全員見ることもあるかもしれません。
 
規模によって覚える業務は変わりますが、それがメリットデメリットになるのは、あなたがどんな風に働きたいかで変わっていきます。
 

辞める決断は慣れてからにしましょう

介護業務に経験があっても職場が変わったら覚えることがたくさんあることは理解しておきましょう。
派遣介護士の中では数日で「人間関係が・・・。なんかこの施設合わない。馴染めない。」悩んで辞めて行く人もいます。
 
数日で判断するのは早すぎます。期間満了しないでやめるのは派遣会社にも派遣先にも迷惑がかかるのでなるべくは避けたいところです。
 
とりあえず、慣れるまでは頑張ってみましょう。慣れれば解決できる問題のことも多いです。
 

スポンサーリンク



 
ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。