介護の仕事

グループホームの介護士の仕事内容とメリット・デメリット

グループホームとは、認知症により自宅での生活が困難になった高齢者が少人数で共同生活している施設です。
家庭に近い雰囲気で利用者と職員が一緒に日常生活を送っています。入居している利用者も介護度が比較的に低いことからグループホームで働きたいと言う人も多いです。
 
グループホームで働くスタッフはどのような仕事をしているのでしょうか。また、働く前に知っておきたいこともいくつかあるのでチェックしておきましょう。
 

スポンサーリンク



グループホームの仕事内容

グループホームの正式名所は「認知症対応型共同生活介護」です。要支援2~要介護5までの65歳以上の高齢者が入居しています。
入居者の能力に応じて、職員とともに食事や洗濯などの家事を一緒に行いながら自立した生活を送っていくことを目的としています。入居者それぞれの生活に沿ったケアを行っています。

グループホームの雰囲気

1フロア5~9人を1ユニットと呼んでいます。1つの建物に2つのユニットがあるなど施設の造りによって変わります。ユニットごとの介護なのは変わりありませんが、ユニット間のフォローなどはあります。
居室は基本的に個室で居室の真ん中にリビングがあるイメージです。日中はリビングでテレビを見たり、塗り絵など好きなことをして過ごしています。
自立に近い人は職員と一緒に料理や洗濯など家事もしています。

1日の流れ

1日の流れは特養などの介護施設とほとんど同じです。グループホームでは、調理や食事後の食器洗い、掃除、洗濯なども業務に含まれています。(施設によっては、家事をやってくれる人を雇っているところもあります)
少人数の利用者を介護しますが、その分業務内容が広いのが特徴です。

認知症とのかかわり方

グループホームでの勤務では、認知症の人を介護するので認知症の理解は必須です。認知症の人と関わるうえで大切なことは、本人のペースに合わせることです。認知症の人は自分の頭の中の世界で生活しています。事実と異なることでも否定しないことが大原則です。

グループホームで働くメリット

  • 一人一人に寄り添った介護ができる
  • 無理なく働くことができる
  • 介護職未経験でも働きやすい

グループホームで働く最大のメリットは小規模ならではの一人一人に寄り添った介護ができることです。利用者の数も少ないので身体的に無理のない働き方も可能です。

一人一人に寄り添った介護ができる

 
グループホームは少人数の利用者を介護するので一人一人の利用者に多く時間をかけることができます。「今日は眠そうだから朝食の時間をずらしてあげよう」などその日の利用者の状態に対応しやすいです。

無理なく働くことができる

グループホームは入居者の介護度も比較的低く、特養みたいに何十人のオムツ交換や入浴介助などがないので体力面が不安な年配介護士でも無理なく働くことができます。

介護職未経験でも働きやすい

介護職未経験でもグループホームでなら無理なく経験を積むことができます。人数が少ないので比較的早く仕事に慣れることができるでしょう。介護度も低く、医療依存度が高い入居者もあまり居ないので介護初心者でも安心して働くことができます。

グループホームで働くデメリット

  • 業務内容が幅広い
  • 利用者や職員との人間関係
  • 認知症の対応を1日中するのはしんどい
  • 看護師が配置されていないところが多い

グループホームならではのデメリットもありますので見ておきましょう。

業務内容が幅広い

グループホームは入居者が少ないのと比例して職員の数も少ないです。介護業務の他にも、調理・洗濯・掃除なども介護士が行っているところが多いです。事務員がいないところが多いので電話対応や書類作成、来客の対応なども介護業務をしながら対応することがあります。
小規模だが、利用者や施設のことなど詳しく把握しておく必要があります。

利用者や職員との人間関係

グループホームはアットホームな雰囲気だが、苦手な職員や利用者が居てもうまくやっていくしかありません。人間関係に問題があった際は働きにくくなります。

認知症の対応を1日中するのはしんどい

グループホームなので認知症のケアをするのは当たり前ですが、精神的に疲れます。1日に同じことを何十回も聞かれます。機嫌が良かったのに急に悪くなり怒り出すこともあります。認知症の症状なのでしょうがないと思いたいですが、働く側としては精神的にしんどくなる時もあります。

看護師が配置されていないところが多い

グループホームは看護師の配置義務がないので看護師がいない施設が多いです。普段の体調の管理や、急変時の対応など介護士で行わなければなりません。介護士として働くうえで看護師のいない施設は、何かと不安は感じます。

グループホームに向いている人

  • コミュニケーションを取りながら介護をしたい人
  • 無理なく働きたい人

グループホームは入居者ひとりひとりが自立した生活を目指すことを目的としています。介護士は利用者が安心して暮らせるようにサポートすることが役割です。

家事など介護士がやれば早く終わってしまいますが、入居者と一緒にやることで認知症の進行を遅らせたり、生きがいにつながります。

グループホームは介護技術よりコミュニケーション能力や周りを見れる人が向いている職場と言えます。


スポンサーリンク



ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。