介護の仕事

男性の介護士は現場でかなり重宝されている存在

女性社会のイメージが強い介護職ですが最近は男性介護士も増えています。
男性が増えていると言っても全体の2割くらいで、比率はまだまだ女性の方が高いです。
ですが、これから介護士として働く男性も今以上に増えていくでしょう。
 
男性の介護職って実際どうなのか考える男性もいるのではないでしょうか。
男性の介護士は現場で活躍しています。どこの施設からも重宝される存在です。男性職員がいるだけで心強い存在で、女性職員が安心して働けるとも言えます。
 

スポンサーリンク



男性介護士の仕事内容

  • 食事介助・排泄介助・入浴介助などの身体介助
  • 調理・掃除・洗濯などの生活介助
男性介護士も同様の介護業務を行います。
職場にもよりますが、基本的に異性の排泄介助や入浴介助のケアにも入ります。
その他に力が必要な作業などがあればお願いされることは多いです。

介護の現場で男性介護士が重宝される理由

仕事内容は女性介護士と変わりませんが、男性職員ならではの魅力がたくさんあります。
男性介護は現場でも重宝され、どの介護事業所も男性職員は喉から手が出るほど欲しい逸材なのです。

女性より力がある

男性介護士の一番の魅力です。
介護にはボディメカニクスという介護技術があります。ボディメカニクスを活用することで女性介護士でもケアすることが可能ですが、男性の力が必要なことも多々あります。
 
寝たきりの利用者や大柄な人などは女性職員では厳しいことがあります。複数の職員で対応したりと負担は大きくなってしまいます。男性職員がいることで対応してもらったりしています。
男性介護士の存在だけで女性職員も安心してケアをすることができています。

人間関係トラブルの抑止力になる

介護職は人間を相手にするので人間関係はつきものです。
職員同士のトラブルだけでなく、利用者と職員のトラブルもあります。
 
介護職はまだまだ女性社会なので女性職員同士がぶつかることも少なくありません。男性職員がいることが和らげられることが多く、職員同士のトラブルの抑止力になります。
 
職員間だけでなく利用者とのトラブルもあります。
利用者のセクハラや暴力などがあるのも現状です。認知症で介護拒否で暴れる利用者もいます。そういった際に、女性職員では抑えられないことも男性職員がいることで対処しやすくなります。

男性ならではの考え方がある

介護職は女性職員が多いので、女性目線の意見が多く、その結果偏った意見が多いのが現状です。
男性職員がいることで男性目線の意見も生まれます。さまざまな角度から物事を見ることでより良いケアにもつながります。

何でも屋さん的な存在

介護業務以外にも男性職員が頼られる場面は多くあります。
 
  • 新たに購入した棚やラックなどの家具の組み立て
  • 大量に納品されるオムツ箱の収納
  • 行事の準備
  • ちょっとしたものの修理
  • 施設周辺の草刈り
  • 害虫駆除など
男性にしか頼みにくいことや女性には大変そうなこともお願いされることもあります。男性職員は、困った際の何でも屋さんとしても重宝されているのです。

男性介護士の悩み

男性介護士は増えていると言われていますが、まだまだ女性の比率が圧倒的に多い業界です。
その結果、女性が多い職場の中で働くことになります。少数派の男性介護士ならではの悩みもあるので紹介します。

女性職員が多いので肩身が狭い

男性介護士が増えていると言っても、まだまだ女性職員が多いのが現状です。女性が多い中で仕事をするのも肩身が狭いと感じることもあります。女性職員とのコミュニケーションにも気を使うことが多々ありました。介護業界は気が強い女の人も多いので。
また、女性の多い職場は派閥があります。そういった女性社会で働く男性介護士の悩みは多いようです。フロア会議でも女性職員に圧倒されて男性職員はポカーンとしていました。

男性拒否の利用者がいる

人手不足の介護現場は異性介助も普通ですが、利用者の中には男性NGの場合もあります。認知症のない利用者に多くみられます。確かに、異性に排泄介助や入浴されるのは抵抗あるのはわかりますが、拒否されるとちょっとショックを受けます。

男性と言っても力仕事は辛い

男性は女性より力があるからと力仕事ばかり回されると身体的に辛いと感じることもあります。
暗黙のルールで女性には大変そうな利用者は男性がやるようなところもありましたし、男性なんだからこの人やってよと言われたこともあります。

まとめ

男性介護士が増えていると言ってもまだまだ介護職は女性の比率が圧倒的に多いのが現状です。男性介護士の業務内容は女性介護士とほとんど変わりありませんが男性ならではの魅力がたくさんあります。女性社会の介護職ですが男性でも十分活躍できる業界です。男性がいることでより良い介護ができるのです。
 

スポンサーリンク



 
ABOUT ME
trissaaan
介護職をしながら旅に出るブログ。介護についてや旅先の情報を発信しています。